AI?ドローン?素人が2017年の世の中を予想してみた。




2017年!世の中はこうなる!素人が大予測。

 

どうも、美容師です。2017年、どんな世の中になるのか予測していこうと思います。

そう、ズブの素人の方が柔軟な視点で予測できるというアレです。ワクワクする未来を創造しましょう。

美容師的視点で書いたのは下の記事からどうぞ。

フリーランスや面貸しはもう遅い?美容師の働き方革命を予測する。

驚愕!2017年の美容業界動向をサッカー界と比較したらすべてが解決した!

 

2016年のキーワードはAIだった。

Ai

僕が思うに16年の世の中のキーワードは、なんといってもAI。
次にVRとARですね。

人工知能と仮想現実、拡張現実ってやつです。聞くだけでワクワクするのは男だけかも。

人工知能が深層学習を覚えたがために近年のAI業界がもりあがってるんですね。

ちなみに個人的にはAIが発達すれば、人類に危害を加えると思います。

なぜなら、あらゆる環境破壊を考えたら、科学で問題を解決するより、人類を滅ぼした方が手っ取り早いからです。

 

スポンサードサイト

2017年はもっとAIが進出する。

兵隊さんポット

当たり前ですけど、誰がなんと言おうとAIの開発は止まりません。

世界的に資本や権力を持った団体が大金を投資してるからです。少なかはず人工知能にコントロールされる未来は必ずやってきます。

 

まずは為替や株式市場

今でもコンピュータやAIを使ったでの投機は行われてますが、ますは為替や株の取引のAIが強化されます。莫大な投資金額を回収するのに最適だからです。

 

だから今後『バイナリーオプションで稼げる』とか『FXで稼げる』とかの詐欺に引っかからないように。いくら勉強しても自動取引は人間に勝ち目はありませんね。

こちらもAIで臨まないとお手上げです。




 

みんなが狙うはGoogleの首!

世界のコンピュータ界≒世界のすべて

を、牛耳るのはGoogleですが、みんなGoogleの首を狙ってます。

一人勝ちなんてさせたくないでしょう。

GoogleがAlphabet傘下に入った後は事業の主幹をインタネットから人工知能に移行する発言をしています。

圧倒的存在感を誇るGoogleの首を取れる可能性があるなら、AIです。ここで勝てば先行者利益で倒せるかもしれない!!まるで日本の戦国時代のあれです。

 

え?こうゆう妄想するのが好きなの俺だけ??

まぁ実際にはAI市場はgoogleやamazonが共同で開発してますね。否定的だったAppleも仲間入りしたので第三者がそれに勝つには厳しいのかなー。

検索市場の解体だけなら、今でも可能。

さてGoogleの主要事業は検索エンジン。その検索エンジンのシェアを奪うべくFacebookは2016年動き出しました。あんまり使ってないと思うけれど、Facebookの検索窓はFacebook上のあらゆるものを検索できるようになりました。

でも、もっともっと若者をGoogle離れするには、たった2つの簡単な仕様変更で、できてしまう。

それはFacebook社傘下のInstagram。

①Instagram上のハッシュタグ検索を複数選択可能にする。
→ピンタレストとおなじく精度の高い検索が可能。

②ハッシュタグ以外の本分も含めて検索可能。

これだけで、Google使わなくなる人多くなるかもね。

 

そこにAIが絡むと?

 

んで、その検索能力に人工知能が絡むと画像を認識して表示出来るようになりますね。写真のイイネ数もそうだし、過去の自分のイイネをした履歴をふまえて個人個人で検索結果が違ってくる。

例えば、

ばな
『今っぽい髪型教えて!』

とかって音声入力するだけで、人工知能が自分の好みを認識して自分に合った雰囲気の画像を表示してくれる。

とか、そんな感じ。

Instagramが検索の主流になるのは、画像のストックと人工知能の進化が交われば飛躍的に進むと思いますね。今はまだまだです。なんならtwitterの方が検索には向いてる。リアルタイムだしね。

 

最高のウェアラブルはメガネ!

 

caché derrière ses lunettes de soleil, elle ne peut pas parler

さぁ、さて2016年はドローンの年でもありました。

日本の法律を意識してか200グラムを切るトイドローンでも性能が上がってきましたね。

10万超えてたphantomも4が出てから3が5万円くらいで買えるようになった。
200g以下のドローンだと段違いに性能が良いDobbyがオススメ。

で、そんな僕が思う次にくるデバイスはメガネです。

メガネ×AIは絶対面白い。

もうこれしかない。ウェアラブルの最高峰。

搭載される機能は以下。

●自動望遠機能
→メガネが双眼鏡みたいになる、サッカー観戦とか最高。

●写真、ビデオの自動撮影
→急な歓声とか、事故の音とかをスイッチにして自動で動画撮影が開始。なんなら音がした数分前から巻き戻して画像保存。

これ、出来たら犯罪抑制にすごい効果がありそう。子供が『キャー』って言ったらその前の数分前から動画が自動保存されてる訳だからね。
もちろんアラーム付いてて、親のスマホにリアルタイムで位置情報とライブ動画の配信はデフォルト。

サッカー観戦してて盛り上がった時に後から、自分の視点の動画が勝手に取れてたりしたらすごく便利。

前と後ろにカメラ付けて、360°撮影とか、黒目の動きに合わせて動画が動くとかもいいよね。VRとの組み合わせも面白い。

Xデーはあれが再開発された時?!

小型ドローンの性能アップも、ウェアラブル眼鏡端末も、今の技術でできそう。

でも、圧倒的に足りないのはアレです。

そう、電池。

2017年に実現するか分からないけど、電池にイノベーションが起こったら、もう、時代がめっちゃ面白くなるだろうなぁ。。

まとめ

2017年が明けたばっかりだけど、答えあわせは一年後になります。

●AI×画像・動画検索の台頭により検索界でGoogleが首位没落!

●電池の進化により、AI×眼鏡で楽しい動画がもっと身近に!

んー、ちょっと一年では難しいかな?でも5年後には確実に実現してそうだな。なんて、妄想するのは楽しいですね。素人の柔軟な発想の方が面白かったりする訳ですよ。笑

キュレーションメディアなんかはAIにすぐに取って代わられるので、自分にしか書けない文章書いていきたいですね。

あ、あと3Dプリンターであらゆる物が生産されるようになるのでそちらも期待です。製造業の皆様。お仕事なくなる前にクリエティブしましょう。












ABOUTこの記事をかいた人

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram