ANKERのモバイルバッテリーに充電プラグがくっついたやつが便利すぎた。




ANKERとAmazon大好き。

基本的にデジタルガジェットはANKER 買っとけば間違いないと思っている人です。

だって出世街道まっしぐらのGoogleから独立した人が建てたのがANKER だから。完全なミーハー。

イヤホンなくして買い替えた時もANKER買えば間違いなかった。

人気のスポーツ用ワイヤレス(Bluetooth)のイヤホンを実際に比較してみたら。

2017.08.01

スポンサードサイト

モバイルバッテリーの充電忘れる病。

最近スマホの充電の減りが早いんだよなぁ。

いわば現代病ですね。

これを解決するにはモバイルバッテリーが1番手っ取り早いです。

 

僕が持ってるのはマジで薄くて軽いこちらのタイプ。5000mAhなので僕のiPhone SEであれば3回、iPhone7でも2回半充電できます。

だけどモバイルバッテリーそのものの充電忘れるんですよね!!

モバイルバッテリーの充電しわすれを解消!

てことで手を出したのがこちらのバッテリーです。

ありそうでなかったモバイルバッテリー本体に電源プラグが取り付けられている仕様!

USBの差込口が2つ、もちろんUSBからも充電できるのでそれ用の差込口が1つ付いてます。

これを常にコンセントに挿してiPhoneを充電すればいいだけ。外出するときにモバイルバッテリーごと持っていけばもう充電し忘れたなんてことありません!

唯一の欠点。

最大にして最高の欠点は大きくて重いこと。

比べてみると、わかるんだけどこの2つの容量が同じ5,000mAhって、、、。Macのチャージャーよりも少し大きい。。

でも、旅行に持っていくならコード類が少なくて済むし、充電の差し込み口が少ないカフェなんかでモバイルバッテリーもスマホも充電するには重宝するから好みかなー。薄いのが欲しいなら一番左のがiPhoneSEと同じ大きさなのでかなりコンパクトです。

まとめ

『スマホの充電がすぐなくなる病』を患うと大変なので解決策を手に入れておきましょう。

10,000mAh以上のモバイルバッテリーもあるけど頻繁に充電しなくていい分、充電忘れて『あれ?充電されてない!』って事になりやすいので5,000mAhで小刻みに充電するのが正解!!

人気のスポーツ用ワイヤレス(Bluetooth)のイヤホンを実際に比較してみたら。

2017.08.01











ABOUTこの記事をかいた人

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram