【実録】僕がオーストラリアで裁判した理由。WA州で車の運転は注意が必要!




オーストラリア車関係の記事一覧はこちら

保存版 オーストラリアワーホリで【車を買う方法と必要な知識】!
【総費用公開】!オーストラリアで車を買い方・売り方の全記録!
誤認逮捕?!【警察に捕まった理由。】〜WA州のすべてのドライバーへ〜
【実録】僕がオーストラリアで裁判した理由。WA州で車の運転は注意が必要!

ワーホリ記事に戻る
帰国後の就職支援してます。

さて、僕はオーストラリアWA州のパース近郊を車で運転している時にライセンスチェックに合いました。

僕が提示した『運転免許の公式翻訳』では運転できないと言われて警告を受けてから1ヶ月。警察から交通裁判の出頭命令が届きました。

罪状は『オーストラリアの在住者なのにライセンスなしで運転した。』こと。

ここでオーストラリアの法律のおさらいです。州によって異なるのですが、パースがあるWA州は

 

●国際免許または公式翻訳で運転できるのは滞在3ヶ月まで。

●3ヶ月以降は州のライセンスに切り替えないとダメ。

●が、あなたがビジターであれば滞在ビザが切れるまで運転してオッケー(日本免許が失効しない限り)

●ビジターの定義にワーホリVISAホルダーが含まれる。

 

となってます。

 

要はパートナービザとかワークビザとかの人は入国(入州)3ヶ月以内に州のライセンスに切り替えてね。でも、ワーホリとか学生はどうせ帰るかそのまま国際免許で乗ってていいよー。

 

ってことです。

それを何度もライセンスチェックの時に警察に話したけど、調書を書かされた僕。

 

その日に陸運局と大使館、警察署を巡り、法律がどうなっているのか?を聞いて周りました。

 

そこで出た答えは『運転できる』でした。

 

 

だけども、1ヶ月後。しっかり出頭命令を貰ったのでした。。。

 

オレンジ色の封筒

 

仕事場から家に帰ると、テーブルに見慣れないオレンジ色の封筒。

高まる心臓に嫌な予感は的中し、出廷命令が届きました。

どうするべきか。。

オーストラリアでの刑事裁判は3つの解決方法があります。

 

●出廷日に直接裁判所に行く
●出廷日の3日前までに手紙を書く
●無視する

 

無視する→有罪確定、日本に帰国しても請求が来ます。ww

 

出廷・手紙→罪を認めるか認めないか?を決めます。

 

認める場合は罰金確定。状況を言えばそれを考慮された金額を払います。

認めない場合は、無罪放免or主張が認められないと通常の数倍の罰金が科せられます。

 

⚠出廷にしてもレター書くにしてもlegal helpが無料で受けれますので相談しましょう(legal help WAとかNSW で検索すると出でくる。)日本語通訳との三者通話希望者は131450に電話してから、リーガルヘルプに転送してもらいます。

 

って事は予備知識で既にあったんだけど、とりあえず僕は陸運局に行って『俺が無罪だって一筆書いて欲しい』と言いに行きました。

 

警察に逮捕の取り消しの申請をするためです。

 

しかし、陸運局は『お前は無罪だけど、書く事は出来ない』って言われました。(会話は録音済み)

 

 

次に向かったのは警察署。『俺は無罪だからレコードを消して欲しい』と言いに行きました。

 

陸運局のサイトをコピーしたものも提出して『これが証明だ!』っと言ったんだけど

 

13606536_1010743145688328_6477100045123375156_n
13599918_1010743142354995_4621427952960388215_n

WA州のドライバーは上の画像を保存することをオススメ

 

『また電話するわー!』との対応でした。

 

 

スポンサードサイト

警察からの電話

 

中2日で警察から電話がありました。

 

警察)お前は、運転できないから!

俺)いや、おれ運転できるって言われたし!!

 

警察)3ヶ月以降は免許切り替えって言ったのは誤りだった。だか、1年以上WA州にいると居住者扱いだ!

俺)なっ、俺はワーホリVISAだから居住者じゃない!!

 

警察)1年いると居住者から免許切り替えが必要だ!そうゆう法律だ!

俺)そんなん、陸運局も大使館も言ってなかった!

 

警察)でも、そうゆう法律だ!!

俺)ん?待って、お前、1年以上WA州にって言ったよな?言ったよな?

 

警察)そうだ!法律だ!

俺)オーストラリアじゃなくて、WA州なのか??

 

警察)そうだ!WA州の法律だ!!

俺)ニヤリ。俺、WA州に住んでまだ10ヶ月なんだけど?

 

 

ポリ公)………ちっ、お前とは話しすぎた!また連絡する。ブチっ。

 

と、言われて明らかに嫌そうに電話を切られました。

結果からいくと当たり前だけど、その後、警察からの連絡は無かったです。

文句あんなら裁判所で言えよ!って心の声が聞こえてきました。

ばな
後日談)そのような法律は存在しませんでした。

 

出廷準備

 

残された選択肢は2つ。
出廷するか手紙を書くかです。

僕はこれも経験かと思い、出廷に向けて準備を始めます。

分かった事はこちら。

●裁判所での答弁ではDuty lawyer (弁護士)に、一任できる。費用は20から5ドル。でも費用削減で弁護士が休みの場合もある。

注意※交通裁判には適用出来ない!!←後から知った。

●必要な書類を準備すること。

●日本語通訳は無料でつけれる。ので裁判所に電話して申し込む。

 

です。

裁判に向け準備した書類は

 

○陸運局ホームページのワーホリVISAがビジターのカテゴリーに入るという証明。

○ワーホリVISAを印刷

 

この2点のみを準備して、本番に向かいます。

 

いざ出廷!

 

9時に裁判所に行き、出席確認は9時半から。

受付のホワイトボードにDuty lawyer が必要な人は名前書いてね。ってあったので名前を書きました。

しばらくして lawyer に呼ばれて書類を見せると『交通裁判は普段対応してないけど、、、、、、今回特別に弁護してあげる』

とのこと。

 

多分、僕が外国人である事と罪を認めるのではなく、無罪を主張する側で交渉が難しいので、助けが必要だろうと判断されたんだと思います。

 

ありがとうございます、ジュディーさん。

弁護士のジュディーさんと面談をし、事の経緯を全て話しました。

 

 

するとやはり自分は『オーストラリア居住者』には当たらずに『旅行者扱い』だという事。

つまり『運転できる』と言われました。

 

警察の誤認逮捕だという事です。

 

『すこし待合で待っててね、名前呼ばれたら私と一緒に中に入るからね!』

 

ジュディーさん頼りになります!!

1時間後(長いww)、僕らは裁判官がいる部屋に呼ばれました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-14-05-21
写真の半分くらいの部屋ー引用元

 

学校の教室の4倍くらいの部屋。
高台になった、いかにもな席にハゲた裁判官が鎮座していました。

 

警察が3人くらい、左に待機、右は裁判の順番待ちの人の列でした。

僕の前の順番の人が判決に対して文句を言ってたんだけど、すぐに警察の人にすごい剣幕で怒鳴られて、場の緊張感が一瞬で高まりました。

 

まじ、ドラマの世界や。。。知らんけど。

 

裁判官に名前を呼ばれた僕は、ジュディーと一緒にマイクの前に立ちます。

僕は一言も喋ることなく、ジュディーが説明してくれ、裁判官は判決を言い渡します。

 

ばな
『ん??21th October 』って言ったような、、、??

 

一瞬で終わり、プリントされた紙を渡されました。

 

 

『第二審 10月21日』

 

 

 

お、おい!!!ふざけんなーーー!!!僕は10月10日のチケットでメルボルンに行くのです。

 

しかも注意書きで

 

『もし、この日に来れなかったら問答無用で有罪です』的な英文が。。

 

おわた。

 

 

ジュディー降臨

 

待合で、二審の知らせを持って呆然と立ち尽くす僕に、ジュディーが現れました。

 

俺)ジュディーやジュディー、僕はメルボルンに行ってしまうんだけど、、、

ジュディー神)

『大丈夫、分かってるわ。この件は気にしなくて大丈夫、私が警察と話し合いをして来るから!

きっと貴方は無罪よ!!

これ、私の名刺と名前ね!

貴方の番号はこれで間違いない?警察からの結果が出たらすぐ電話するから!!!』

 

 

ジュディー、、ほ、惚れてまうやろーーー!!!

 

そして1週間後電話がありました。。

 

大好きジュディー)『シンジ!元気?!

警察と話したら、彼らは物分かりが良くてレコードを取り消してくれたわよ!!

21日は、あなたは出席しなくていいわ、私一人で裁判官に話してくるから!

警察も取り消してくれてるから無罪になるはずだけど、21日以降にまた正式な連絡するわね!!!』

 

 

泣けます。ジュディー。←かわいい。

 

弁護士費用5ドルなのに。。

 

※何度も言うが通常交通裁判にはDuty lawyer は付けれません!ジュディーのお情けで助けていただけもました!!

 

と、言うことで僕のオーストラリアでの刑事裁判は終わりました。

誰かの何かの時の参考になれば幸いです!!

オーストラリア車関係の記事一覧はこちら

保存版 オーストラリアワーホリで【車を買う方法と必要な知識】!
【総費用公開】!オーストラリアで車を買い方・売り方の全記録!
誤認逮捕?!【警察に捕まった理由。】〜WA州のすべてのドライバーへ〜
【実録】僕がオーストラリアで裁判した理由。WA州で車の運転は注意が必要!

ワーホリ記事に戻る
帰国後の就職支援してます。

絶対に勉強してから海外行くべき!!マジで!!

体験談を交えて、「僕ならこうする」を完全紹介!

最安0円で海外へ。格安で英語が話せるようになる具体的なプラン。

 

ワーホリ帰国後の再就職はワーホリ中に決めろ!!


ワーホリ中に就職活動をLINEでしちゃおう!!












1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    ばな

    [1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram