『美容師ばな』彼の人生に迫ってみた。(後編)

The following two tabs change content below.
ばな

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram

こんにちは、美容師ばなです。

今回は『美容師ばな』そう、自分自身に迫ったインタビュー風の記事後編として、彼の尊敬する人物などに触れながら、その信念や思いを紹介します。ばなさんが美容師を目指したきっかけや、東京での美容室勤務時代、その美容室を辞職してからの事は前編をご覧下さい。

ーばなさんの尊敬する人物についてお話しいただけますか?

 

 

はい。もちろん美容師としてすごい方、尊敬するは沢山いるので直接話した事がある3人の美容師さんを紹介したいとおもいます。

 

1人は表参道で勤務してた時のオーナーですね。

 

毎晩のように説教というか講話があって。。今思うと独立開業したオーナーの側で働くというのはすごく貴重で精神面もかなり鍛えられましたね。あんなに博識で、なんというか凄いってオーラを感じる人は職業問わず数えるくらいしか出会えてなくて永遠に師ですね。向こうは僕の存在は忘れてると思いますが。
もう1人はbroccoli play hair オーナーの藤川英樹さんですね。

 

 

今でこそ、共通の友達が多いですが初めは業界紙の記事を見て直接切りに行ったのがきっかけです。まだ英樹さんが独立前の時で、オープニングパーティーに周年パーティーから旅祭2014の出店ヘルプ、場所借りしたりと、いろんな視点で関わって沢山の刺激を受けました。

VISAの取りやすさや気候などありますが海外生活をオーストラリアに決めたのは彼の影響が少なからずあります。

言うより見た方が早いのでこちらをどうぞ→ブログ

IMG_3539
3人目は、下北沢で1ヶ月だけお世話になった美容室のオーナーです。
SNSでは繋がってるんですけど、許可もないので店名は伏せさせて頂きます。結局、本採用にはならずに去ることになったお店なんですよね。僕がダメダメだった理由は沢山あるんですけど、最後に言われた

 

『君は人に慣れた方がいい、うちはお店も小さくて1日のお客様の数も限られてる。1日に何十人も接客するような大きなお店に行って、まず人に慣れるのが近道だよ。』

 

って言葉が本当に刺さって、吉祥寺の大型店に就職するキッカケになりました。それまで働くなら個人店良くて、毛嫌いしていた大型店で働くなんて当時の僕では考えられない事でしたが、それは核心をついていたと思います。

 

あえて原文ママ書きましたが、今そのお店3フロアの大きなお店になってて、カラー専門店も出されてます。お店の発展に関わらなかっれのは残念ですが、的確なアドバイス本当に感謝です。

読んで頂いてるか分かりませんが尊敬しかないですね。

 

では、美容師以外の方で尊敬する人はいますか?

 

 

沢山いて絞れないです。敢えて言うなら、ドイツでビール修行中のジュン君と料理人で香港帰りのヤス君ですかね。

同い年なんですよ。

美味しい料理と美味しいビール最高じゃないですか。僕は飲めませんけど。

 

 

ーそういったことを踏まえて、今後はどのような活動をされるのでしょうか?

 

何でも言えば答える訳じゃないですよ。

ーえ?

 

いや、カッコ良く言うと秘密でカッコ悪く言うとなにも決まってません。

現在都会ですが、これからオーストラリアの田舎に移動しようと思っています。そこで何を感じるかによって変わるような気がしますが、少しずつクリアになってきてる事もあります。
でもまだまだ難しいですね。
僕、美容師大好きなんですけど、すごく嫌いな部分もあるんですよ。

あ、ネガティヴな意味とは違うんですけど。

 

ーは???まじ?

 

 

いや、例えばね白髪染め。僕のお店は年齢層高めだったので毎日やってたんですけど、

『染めた瞬間が一番綺麗でそこから伸びてくる度に憂鬱が増える』

じゃないですか?

自己満足でしょ?自己満足の為にどんだけの水使ってエネルギー使ってカラー剤流して水質汚染させて、

 

何してんの?
ってたまに思う。これから水の価値はどんどん上がってくるし、エネルギーだってそう。

これ以上は話逸れすぎるのでいいませんが、要はコンプレックス解消の為の施術はしたくなくて。自分の髪を好きになってもらいたい。マイナスを0にするんじゃなくて0をプラスできるような美容師になりたいなと思います。

 

まず、あなたはそのままで美しい。その上でどう変化させるか。

 

 

それを伝える方法考えるのは難しいですけどね。なんか、そんな思いもあります。まぁ白髪も染めますが。

 

ー(なんだよ歯切れ悪いな、まとめてから言えよ。)では、最後になりましたがバナさんから何かメッセージを頂けますか?

 

はい、2話にわたって書かせてもらったんですが前編と後編を読んで『ここ詳しく聞きたいなー!』とか『俺も一緒ー!』とかあったら直接コメントなりメッセージなり欲しいですね。次の記事にします。

 

多分。

 

前編はこちら

 

 

で、仕事下さい!!

 

ー(は??まじなんだよww)

 

髪、切りたいんですよね。

他にも飲めませんが飲みに行くことはできますし、人数合わせくらいならフットサルもできます!
こちらからSNS フォローできますので、よろしくお願い申します!そして近くにいる!!!って時はぜひぜひお声掛け下さい!!
それでは!!

 

 

[美容師 ばな :1986年生まれ、大阪府出身。高津理容美容専門学校卒業後、都内2店舗を経て2015年語学留学のフィジーを経由してシドニーで美容師として勤務。

FacebookやInstagramでの投稿も特に話題にならないので、日本のメディアはもちろん、タイや台湾などの海外メディアからもオファーが来などくるはずもないので、自作自演でインタビュー風の記事を制作。ブログの月間pvはせいぜい5000レベル。

1 個のコメント

  • 創作(?)インタビュー面白かったよ!
    前編後編とも一気に読みました。
    バナ君の人生や哲学が垣間見れるので、このブログ好きです!!
    これからもバナ君の旅とお仕事、応援してます~!

  • ABOUTこの記事をかいた人

    ばな

    [1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram