フリーランス美容師もディーラーに頼らずにネットで24時間発注できる時代になりました。

The following two tabs change content below.
ばな

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram

フリーランス美容師が増えてる。

 

言うまでもなく、昨今の美容業界はフリーランス化が止まりません。

今までは、お店単位で活動していた美容師さんが個人でお店と契約して場所を借りたり、シェアオフィスの美容師バージョン【シェアサロン】も増えてきました。

今後、そういった時代の流れは続いていくでしょう。

フリーランスの美容師を始めるのは圧倒的に低コスト

 

フリーランスという形で独立する事は、店舗を作っての独立よりも圧倒的に低コスト。

10坪のお店を新規オープンするのでさえ数百万円の借り入れをする事が多く、運転資金含めるとびっくりするような金額がかかる美容業界において、低コストで独立にチャレンジできるのば、大きなメリットだと思います。

それでも初期費用や備品は買う必要がある。

箱が既に用意されているフリーランス美容師といえど、最初に用意する備品はかなりあります。

場所によって違いはあれど、ワゴンやカット椅子、カラー剤、ドライヤー、タオル、シャンプー、お茶、コップ、などなど。

準備するのもは本当に沢山あるんですよね。

今まで美容室はメーカーとの間に入ったディーラーさんを通じて材料を購入してました。

ディーラーさんは中抜きで利益を取る代わりに美容室に新商品の講習や最新の情報を持ってきてくれていました。

でも、美容室ではなく【個人】になった時、直接ディーラーさんとやりとりできる人は少ないのではないでしょうか??

にわとりくん
どうやってディーラーさんと取引すればいいんだー!

なんて思う人も多いでしょうが、

そもそもディーラーさんが行っていた業務はネット社会で完結するようになりました。

 

オンラインサロンというFacebook上のオンラインコミュニティに入れば、講習の情報は転がってるし各美容師さんの発信も重要な情報源です。

そして、材料の調達もネットで完結する時代です。

多くのフリーランス美容師さんが使ってるEC(ネット通販)サイトはビューティーガレージ。

ビューティーガレージでは、ありとあらゆる材料がスマホ一台で発注する事ができます。

【ビューティガレージ】公式サイトへ

24時間ネットで注文できるのは圧倒的に便利。

16時までの注文は翌日配送で、24時間注文対応なのは本当に便利です。4000円以上は送料も無料です。

フリーランスの人は常にお店にいるわけではないので、住所を自宅にしておけば自宅配送も可能。

ばな
自宅を商品庫にして、サロンに最低限の材料を運ぶのがフリーランスにとっては、よくあるやり方なのではないでしょうか?

薬品類の仕入れも免許証の提出やホームページの送信で対応可能

最初に必要なワゴンやドライヤーやアイロンなどはそのまま発注可能。薬剤は本人確認が必須です。

アマゾンとの併用がオススメ

ばな
僕は完全にアマゾンっ子です。

オススメなのは、ビューティーガレージの価格を見ながらアマゾンでもチェック!

実際に比較してアマゾンで買った商品は、カット椅子やタオルなどです。

さすがにAmazonにカラー剤などは売ってないけれど、専門的ではない備品を買うならアマゾンも見てみると良いですよ。Amazonプライム会員なら送料無料です!

まとめ

総じて、個人にも優しい時代になりましたね。

開業前の細々とした買い物や定期的な発注はビューティーガレージめちゃ便利ですよ!

▼あわせて読みたい▼
【フリーランス美容師(個人事業主)の確定申告】必ず必要な納税の知識。

【フリーランスのクレジットカード決済のすすめ】Squareの魅力。

【フリーランスのためのビジネス書】オススメの本まとめ。

【美容師ブログのはじめ方】完全バイブル。

Instagramでヘアスタイル発信中
高円寺のフリーランス美容師です。

マンツーマンスタイルで、しっかり時間を使った【あなただけの美容師】になる活動をしています。 美容室が苦手な人に来てもらいたい!

ABOUTこの記事をかいた人

ばな

[1986生まれ 大阪出身]

フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動

自分の経験を元にブログメディアを運営してます。

twitter
Instagram