【語学留学・ワーホリ】僕が体験した格安で英語が話せるようになる方法。




目次

格安費用で語学留学とワーホリして、さらに貯金100万以上の貯金と英語力を身につけて帰国した全方法。

英語を話したくても、何から始めたらいいか分からない。留学したくても何から調べてばいいか分からない。

という、人のために実際に3ヶ月語学留学の後、2年間のオーストラリアワーキングホリデー、3ヶ月のアジア周遊を経て、それなりの英語力と貯金を持って帰国した僕の体験を伝えていきたいと思います。

僕は、全部自費で留学、ワーキングホリデーに行ったので極力お金をかけずに効率的に海外へ行く手法になるので、

ばな
現状リッチな方は参考程度にお考え下さい。笑

格安で留学に行くオススメは圧倒的にフィリピン留学!

僕はフィリピンと同じぐらい格安のファジー留学に行きましたが、結果論として圧倒的にフィリピン留学をオススメします。

なんといってもマンツーマン授業

ファジーでの語学留学は集団授業で日本人ばかり。聞こえてくるのは日本語訛の英語。。この時点で評価する上での、減点がすごいです。それに比べて、フィリピン留学は、ほとんどの学校でマンツーマン授業を取り入れてるので、英語で発言する時間が確保できるし、わからない所を何度も先生に確認することができます。

オーストラリアワーホリ中に何人も「フィリピン留学からワーホリ組」と会いましたが、

フィリピン留学のことを悪くいう人は居ませんでしたね。

フィリピン留学は他の国の同じ金額の留学に比べて、一日の授業時間が長いので完全に英語漬けになれるのも特徴です!

ぺんぎんさん
休みの日に離島に遊びに行くのも格安!

寮はご飯がついてきて勉強に集中できるし、フィリピンは現地の生活費が安い!

これは本当に魅力的なポイントだと思います。
ほとんどの学校が該当しますが、寮生活でご飯が出る学校がを選ぶのがポイントです。

先進国での留学の場合は夜ご飯は外で食べるか自炊です。外食はお金がかかるし、自炊の場合は「今日は何を食べよう」という思考回路が貴重な勉強の邪魔をするのです。

フィリピン留学の場合は自炊する必要がないので、勉強に集中できるしご飯もアジア飯でお口に合うのが多いです。

マジ大切なんで、もう一度言います。

ばな
先進国で留学すると「今日は何食べよう」って毎日考えなくては行けません。ほんとうに無駄でもったいない時間を過ごすことになります!!

外にでて、飲み歩きたい気持ちもわかりますがセブだと往復5万円くらいで日本からいつでも来れるので「遊ぶのは今度の機会で良いや」って思考回路で勉強に集中してください。

にわとりくん
これがカナダとかで留学してたらなかなか行けない国なので色々経験したくて、遊び回りたい衝動に駆られるんですよね。

現地に住んで楽しく勉強もプライベートも充実なんてのは夢物語。まずは引きこもって脳に英語を叩き込む方が後々の海外生活が楽しくなりますよ。

語学留学先がありすぎて迷う人は留学・ワーキングホリデーサポートを受けると良いですよ。

コチラのエージェントは色んな学校の中から自分の予算や重要視するポイントに合った留学先を無料で相談・提案してくれます。

スポンサードサイト

語学留学・ワーホリに費用とは?

それではまず、敵を知り己を知ればどんな戦でも勝てる。という言葉通り語学留学にかかる費用を因数分解していきましょう。

学費

学費は、語学留学の費用の中でも大きな割合を占める部分です。

●授業料
●授業コース
●留学期間
●学校の設備
●留学先

によって大きく上下しますね。後から詳しくお話ししますが、『本気で』『格安で』英語を身に付けたいなら、現状フィリピン留学一択になります。

ぺんぎんさん
これで、滞在先は決定ですね。

現地の生活費

フィリピン留学という選択肢が1番良い理由は、現地の生活費が安いことと英語の授業がマンツーマンによるレッスンであることに尽きます。

 

にわとりくん
この二つを満たした留学先はフィリピン以外にはあり得ません。

⚠︎よく間違えますが、フィジー留学は集団授業です!

フィリピンの留学先での生活費は、個人の生活スタイルによって大きく変わりますが、

およそ1週間に10,000円、月に40,000円あれば現地で遊びつつ余裕を持って生活できます。

 

フィリピンの語学学校は、毎日3食提供される学校が多く、ほとんど土日にしか食費がかからないので「休みの日も勉強するんだ!」って人はさらに生活費を落とす事が出来ます。

例)
ビール一本80円
映画館 320円
レストラン500円

セブ島で留学となると、休みの日は海で息抜き!って考える人も多いと思いますが、語学学校が多くあるセブシティの近辺の海は泳げたもんじゃありません。後進国あるあるなんですが、工場排水の処理問題などの影響で都市部の海はびっくりするくらいに汚いです。

ビーチで息抜きするためには、往復で数千円から一万円くらいの予算と泊りがけで離島に行くイメージをしておいたほうが無難です。

 

ぺんぎんさん
ビーチがある周辺は観光地価格なので物価もぜんぜん違うので、気をつけて下さいね。

 

保険代

日本を離れ、海外に行くともちろん日本の国民健康保険は適用されません。
「僕は大丈夫」と思っていてもふとした時に起きるのが病気や怪我。僕自身も、大きな病気や怪我はなかったけれど、2年半で合計4回ほど現地の病院にお世話になりました。

海外旅行保険はクレジットカードについてるから大丈夫!と、行って海外に行く人も多いのですがクレジットカードの保険だけでは不十分な場合が多いのも現実です。
(クレジットカード付帯保険は90日がMAXです。)

ちなみに自動付帯(クレジットカードを持って海外に行けば自動で保険が適用される)でオススメで有名なのは、エポスカードですね。

 

他のクレジットカードも海外旅行保険がついているものがありますが、自動付帯(カード持っていけば自動で保険が受けれる)でエポスカードほど保証内容が良いものは他にありません。他のクレジットカードは旅行代金や空港までの交通費を対象のクレジットカードで払う必要があったりと、注意が必要です。

エポスカードの付帯内容です。クレジットカード付帯の保険だけで海外に行くのは僕は反対ですが『この保証で十分だ。』という人は自己責任で。ちなみのクレカの保険は死亡保障以外は合算することが出来ます。

例えば、みんなおなじみの楽天カード
の保証はこんな感じです。

楽天カード
の保険を受けるには、航空券代か現地のツアー代金または空港までの交通費の一部楽天カード
で支払えば、保険の適用になります。

 

ばな
空港へのバスや特急代金などを楽天カードで支払えばいいだけ!

海外でクレジットカードが無くなると色々とキツイのでサブのカードは必要ですよ。

僕が個人的にカード付帯では足りないと思う保証を書きます。

●治療・救援費用

怪我たときの治療や、病院に搬送されるまでの費用の保証。

怪我は自分で気をつけるし、無理しないってのは分かります。

が、ここで大切なのは『救援費用』の方です。

にわとりくん
離島に遊びに行って怪我をしたけれど、船が迎えに来るまで8時間なのでヘリが迎えに来ました。

ーこの場合距離にもよりますが、本土や大型病院のある国まで搬送されれば、輸送にかかる金額はマジで洒落になりません。

田舎地方や離島に行く機会がある人は無制限か最低でも2000万以上の保険に入っておくのを推奨します。

●賠償責任保険。

これ、黒歴史なんですが、僕はオーストラリアで自転車で子供とぶつかり怪我をさせてしまいました。

結果として僕の負担は少なかったのですが、弁護士に相談したり裁判官とやりとりしたりする中『賠償責任が0』の保険内容だったら気が気じゃなかったと思います。結果論だけど大切。

 

損害賠償と治療救援費用を考えると海外旅行保険は最低限1月に15000円程度、年間20万弱が妥当なレベルではないでしょうか??

日本の保険は出国前でしか加入出来ないので、加入を考える方は早めに比較検討した方が良いですよ。

繰り返しますが、クレカ保険のみで、で行く人は自己責任で!!

語学留学で一番有名な保険会社はAIUですかね。▶AIUの海外留学保険

航空券代

続いて航空券代です。
これはスマホアプリ『スカイスキャナー』で格安路線を探してから、直接航空会社のページから購入するのが良いでしょう。時期によって違いますね。

付帯保険の時にも出てきましたが、航空券の支払いにはクレジットカードが必要なので手持ちがない人は作りましょう。海外に行くとクレジットカードは「支払い能力がある」という身分証明にもなります。

例えばレンタカーをする場合なんかは、国によってはクレジットカードを所有していないと借りれなかったりしますね。

VISA申請や現地費用

語学学校に行く場合は、渡航前のカウンセリング等で説明があると思いますが、VISAや現地滞在費はお金がかかります。

フィリピンで1ヶ月のケースだと必要なモノは、

●SSP(特別就学許可証)の申請。→1ヶ月6500ペソ(15000円)

この他にも水道光熱費や寮のデポジットなどがかかるので事前に語学留学の説明会を受けて明確にしておいてくださいね。

VISA延長費用も年々上昇してきています。。

●オーストラリアワーホリの場合も、VISA申請代金は440ドル(42000円程度)でこちらも年々高くなってます。

しかし、インターネット申請で、ほぼ即日ゲットできるのVISAなので、全国に数院しかない指定の病院でレントゲン撮影が必要なニュージーランドや、抽選で渡航時期が決めれないカナダに比べてプランの自由度は高いですね。

持っていく準備品

ワーホリや留学に持っていくべき準備品について書かれた記事は沢山世の中にあるので、

1.パスポート
2.常備薬

みたいな事は僕からは言いません。

だって大体のモノが現地で買えますもんね。オーストラリアのド田舎に行ったって醤油が買える時代です。

しいて言うなら、日本語の英語教材は準備しておいた方が良いです。海外の授業は英語で行われるために『日本語で説明されたら簡単に理解できる事』が理解できません。なので、日本語教材は必須です。

でも、単語帳なんか意味ないですよ。持っていくなら文法と前置詞です。この二分野は日本語で理解した方が圧倒的に飲み込みが早いので。

オススメはこちら。

 

紙が重たければiPadを購入して電子書籍で持っていくこともオススメです。
加えて辞書はスマホアプリでウィズダム2という辞書を買えば数万円するような高い電子辞書は要りませんよ。

これだけで十分だけど、お金と時間がある人は国内で英語の勉強をしていくと万全の体制ですね。

留学費用の中で何が節約できるか考える。

ここまで読んで『いや、俺には無理だ。高い。。』と思ったあなたへ向けて、どうしたらもっと格安で語学留学をして英語を身につけれるか??を考え抜いた僕が経験からお伝えします。いわばコスパ重視の方法。

語学留学するお金がない人へ。

英語を勉強する上で何が何でも必要なのが海外に留学するための資金です。自分の意志で毎日3時間とか継続して英語の勉強を継続できる人なら問題ないのですが、そうじゃないのなら強制的に英語環境に身をおくべきだと思います。

ぺんぎんさん
なので、まず留学資金を貯めましょう。

シェアハウスに住んで節約!

実際に僕がした方法です。当時、月収20万円で家賃が78000円の1DKに住んでました。同棲解消した家に住み続けて居たので、家賃が家計を圧迫していました。。

そこで、近所にシェアハウスを見つけ入居しました。家賃は32000円で光熱費・wi-fi込です。

4人部屋で自分のスペースはベッドだけになりましたが諸経費を考えると1年間で約90万円ほどの節約。
しかも、大型シェアハウスで外国人比率が半分だったので少し英語に慣れることが出来ました。

リゾバして強制的に貯金!

実家ぐらしの人や、近所にシェアハウスが無い場合(まだ地方には少ないです)は、リゾートバイト略してリゾバに行きましょう。

夏は海、冬なら雪山、通年で温泉宿もいいですね。
単に節約生活してお金を貯めるなら、実家やシェアハウスでも良いんですが、貯金するならリゾバが良いのには大きな理由が、2つあります。

●支出を抑える。
→今いる生活環境だと、友達との飲み会や誕生会様々な誘惑あり支出が重なり、なかなか思うように貯金できません。
収入を増やすよりも支出を減らすのが貯金をする秘訣です!

●持ち物を精査できる。
→リゾバに行くには住み込みで働くことになります。自分の部屋に溢れかえったモノの中から本当に自分に必要な物を選別できるし、一人暮らしからのリゾバだと、家具家電の処分も出来るので留学が現実味を帯びてきます。

 

リゾバも語学留学も無料で紹介してくれるエージェントがあった!

留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】さんなのですが、実は運営は株式会社アプリという所で、リゾートバイト業界の最大手。設立15年目、130,000人以上のサポート実績 のリゾートバイトの人材サービスです。

つまり、僕がオススメしているリゾバ→語学留学の流れを一社で完全にサポートしてくれます!

ばな
僕の気持ちわかってるなー!

ちょこっと調べたらいい感じのサービスでした。

 

【1】業界最安値!

大手エージェントの2/3の価格で海外留学することが可能。その理由が、お客様から留学ワーホリの手配料を頂いていない(無料)ため。 運営費用は留学先の語学学校から頂くので、留学サポートを無料で提供できるのです。また、広告費も限りなくゼロ。みなさまに安く留学プランをご提供しています。 ・

ぺんぎんさん
例)フィリピン留学 1ヶ月 107,000円~ ・オーストラリア留学 1ヶ月 135,000円~

 

【2】カウンセリング無料!

丁寧かつ親身なサポートが強み ・圧倒的なサポート力で出発前の不安を一掃。一人一人のご要望に寄り添う ・カウンセラー全員が留学ワーホリ経験者です。自身の経験を交えての本物のアドバイスが可能 ・紹介する語学学校はすべて現地視察を実施。新鮮で正確な情報をお届け ・カウンセリングはもちろん無料。お一人あたり30分~長い時は2時間かけてじっくり 行います!

にわとりくん
⚠東京、大阪、名古屋、仙台、札幌、福岡、沖縄に支店あり! スカイプ、Line、電話にてサポート

 

【3】海外チャレンジを幅広くサポート可能!

初めての語学留学から、2カ国留学ワーキングホリデー、バックパッカーの旅まで、幅広くサポート ・フィリピン、オーストラリアをはじめ、アメリカ、イギリス、カナダ、ニュージーランドなど計19カ国のご紹介可能!!

ぺんぎんさん
何するか丸投げでも、アドバイスもらえますね!

【4】貯金0円から行ける留学プランをご用意。

【Global Dive】を運営する株式会社アプリは、リゾートバイト業界の最大手!
リゾートバイトは、日本に居ながらにして海外のお客様の接客でき、しかも住み込みなので浪費癖のある人でも効率良く貯金が出来るる貴重な職種です!!

にわとりくん
貯金0からの海外留学めざせます!!

よくある0円留学はセブなどで留学しながら、1日数時間コールセンターでバイトをするような方式なので、現地で英語学習に専念できない弊害がありましたが、【Global Dive】さんの0円留学は、まずは日本国内の外国人観光客が多いリゾート地域でバイトをして実践英語を学びながら稼ぎ任期満了後に海外に留学することで「留学資金」を0円にすることを実現しました。

例)日本国内でリゾートバイトで貯金→海外留学 の4ヶ月プラン(リゾートバイト3ヶ月で30万円貯める→1ヶ月の留学)

例)9ヶ月プラン(リゾートバイト6ヶ月で60万円貯める→3ヶ月の留学 or 1ヶ月の留学→ワーホリ2年..etc)

 

にわとりくん
つまり、現在の仕事を辞めれる人はリゾバで貯金、仕事を続けないと行けない人はシェアハウスで節約ですね。

語学留学で得たスキルをワーホリで働きながら活用!

語学留学に行っただけでは、残念ながら英語を使いこなせる状態にはなりません。(経験上)

どうしても覚えた英語を頻繁にアウトプットして脳内に叩き込むと言う作業が必要になってきて、そのためには英語圏での生活のが不可欠になってくるのです。そこで、お勧めしたいのが「ワーキングホリデーピザ」と言う存在。簡単に言うと、

●満31歳以下(国による)なら誰でも申し込めて
●日本と提携している国なら
●長期で(国によるが半年~2年)
●働きながら生活が出来るビザ

です。

この16カ国の中で人気なのがオーストラリア、ニュージーランド、カナダです。

まぁこの記事を読んでる人は、英語圏というのが前提になってくると思います。で、ビサの取りやすさは、

 

イギリス→抽選の狭き門を通らないと行けないので、受かればラッキーです。

カナダ→最近抽選になりましたが運が良ければ数ヶ月で承認されます。


ニュージーランド→全国に数える程度しか無い認可病院でレントゲンを撮る必要(完全予約制)がありますが撮りさえすれば、数日でビザが下ります。


オーストラリア→$440とボッタクリ感のある値段設定ですが、誰でもほぼ数時間でビザが下ります。

ぺんぎんさん
ビザの取りやすさ、計画の立てやすさは、オーストラリアの圧勝ですね!

 

続いて住みやすさだけど、

イギリス→寒い・雨多い
カナダ→寒い・雨多い
ニュージーランド→南は寒い
オーストラリア→場所により常夏~日本くらいまで選べる。

 

にわとりくん
シドニー・メルボルン・パースは日本とおおよそ同じくらいの気候、ケアンズやブリスベン、ゴールドコーストは常夏です!最高!

次に働きやすさと物価。(2018年2月調べ)

●イギリスの最低賃金は

7.5ポンドで約1166円(ただしチップ別であり)

●カナダの最低賃金は

バンクーバがあるBC州は10.85 カナダドルで961円(チップ別であり)

●オーストラリアの最低賃金は

18.29オーストラリアドルとなり、約1,600円!(チップなし)

資料はコチラから
ばな
チップなしは痛いけど、支払う場合もチップは無いからね!

オーストラリアの情報であれば僕のブログでもいろいろ紹介していますが、先程の留学サポート【Global Dive】さんでもワーキングホリデーの相談が出来るので、オススメです。わからない時はプロに相談するのが最適解ですね。

 

長期(1年以上)で渡航予定の方へ

語学留学とワーホリを組み合わせて長期(1年以上)で海外に渡航・滞在しようとする人は『住民票を抜く』という方も多いと思います。実際僕も抜きました。ここでの注意点です。

●住民票を抜くと、一切の保険が適用されない。年金受給額が減る。
ー当たり前ですが、住民票を抜くと国民健康保険の資格が無くなります。年金の支払いもストップするので将来貰える年金の額が減ります。

ばな
⚠︎任意で住民票を抜いても払い続ける事もできます!

●国民年金のカラ期間に負った怪我での障害者年金が適用外。

ーこれは重要。国民健康保険に加入している人が障がい者になった場合、年間80万円程の障害者年金が受け取れます。
が、国民年金を抜いた人が海外に居る期間に障害を負うと障害者年金は受け取れません。

▶︎なので、海外保険で障害に対して手厚いプランにするのもオススメです。

●住民票を抜くのは年内に!
住民票を抜くと支払いを免除される物の一つが『住民税』です。

住民税はその年の1月1日に居住している地域に、翌年の3月分まで納税する義務があります。

具体的に言うと、2019年12月31日に出国(住民票を抜く)すると住民税は2020年3月末までの支払い。

ですが、

2020年1月3日に出国(住民票を抜く)すると、2021年3月末まで住民税を支払う義務が発生するのです。

対策としては、年内に出国する事。言い換えれば住民票を抜く事が大事です。

出国チケットが1月10日でも、12月に役所に行って12月31日に住民票を抜いてくださいと伝えれば、住民票を抜く事が出来て、翌年度の住民税の支払い義務が無くなります。

 

ただ、その場合は1月1日から10日までは国内に居ても無保険なので怪我したりすると保険の適用外ですし、国に対して嘘の申請をしているので何かがあってバレた時は自己責任でお願いします。

オーストラリアの最低賃金は高いけど、現実は甘くない。

 

オーストラリアワーホリが最高だと言ってますが現実はそう甘くないんですよね。。
2017年から本格的に通称ワーホリ税と呼ばれる税金がスタートしました。他のワーホリ対象国でも所得税はかかりますが、殆どの場合還付申請をすればお金が戻ってきます。

が、オーストラリアでは2017年からワーホリビザで入国して働いている人を対象に、一律15%の税金をかけてそのまま返さないことにしました。

ぺんぎんさん
これが俗にゆうワーホリ税です。

あと、これを言ってしまうとマズイのですが、、、

ワーホリビザで働く人の中である人達は、法定賃金を下回る金額で働くことを余儀なくされています。。

ではどういう人が「法定賃金以下」で違法労働させられてしまうのでしょうか???

ワーホリで実際シドニーに住んで感じたこと。ワーホリ入門編

2015.07.03

自分のスキルがないなら最低限は英語力が必要!!

それは、ココまで読んで頂いたかたなら、話の流れで分かると思うのですが、英語力がない人です。

僕も経験したのですっごい分かるのですが「英語ができない人に法定賃金以上の仕事はありません」

まじで、ありません。あるとしたら、何か特殊なスキルをお持ちの人です。

こんなこと留学エージェントは教えてくれません。「多くの人がワーホリ言って日本食レストランで法定賃金以下の給料もらってます」って教えたら誰も行きたいと思わないですよね。。

でも、海外で実践を積めば英語の伸び方は明らかに違います。それに数ヶ月の語学留学に費やしたお金も取り返して貯金を作って帰国する事ができます。実際に僕の場合だと3ヶ月の語学留学からの2年間のオーストラリア生活、3ヶ月のアジア周遊をしましたが、帰国したときの貯金残高は100万円以上増えていました。

収入よりも支出にこだわる、ただそれだけ。

え、そんなに貯金できたんですか?!なんて言われることも多いのですがそれは単純に「支出と収入のバランス」が良かったからです。具体的に言うと、人間関係も0からでシェアハウス住まいだったので、頻繁に友達から「遊び行こうよ」と連絡をもらうこともないし、シェアハウスだと荷物も増えません。

そう、つまり最初に戻るけどリゾバの感覚で海外で働いてた訳ですね。もちろんちょいちょい旅行もしたし、欲しいものは買いました。

でも、僕が欲しかったのは英語力が一番ですからね。勉強しながら、お金を稼ぐことができるのは本当にありがたい制度だと思います。

ばな
あれ、お気づきですか??

今からお金貯めて、語学留学して、海外で実践英会話を身につけて帰国する所までにかかる費用はなんと0円です。

それどころか、貯金も出来てしまうこの現実。。。

一番重要なのは「誘惑に負けず一貫して勉強を継続できるか」ですけどね。。それが出来たら本当に海外どこでも生活できるようになりますからねー!!

以上、【格安】語学留学で英語を話せるようになる方法でした!

絶対に勉強してから海外行くべき!!マジで!!

体験談を交えて、「僕ならこうする」を完全紹介!

最安0円で海外へ。格安で英語が話せるようになる具体的なプラン。

 

ワーホリ帰国後の再就職はワーホリ中に決めろ!!


ワーホリ中に就職活動をLINEでしちゃおう!!












ABOUTこの記事をかいた人

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram