フリーランスや面貸しはもう遅い?美容師の働き方革命を予測する。

The following two tabs change content below.
ばな

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram

2017年の美容業界はこうなる。

実は日本を離れて2年が経ちました。この間の日本の美容業界は様々なものが生まれてて、移り変わりが激しい。(ネットで見てる情報だけやけど。)

◯Throw 発売
◯イルミナカラー台頭
◯新作ドライヤー・アイロンブーム
◯フリーランス及び業務委託の増加
◯美容師ブログブーム
◯美容師がオンラインサロン開設

などなど、コレ全部この2年ですね。

個人的には、

●ブログやってる
●マルチバース2期入ってた
●業務委託経験済み
●ダイソンドライヤーだけは使った事ある

くらいで、カラー剤やリュミエリーナ等に関しては完全に乗り遅れてます。

そんな僕がこれからの業界動向を考えてみます。ちなみに年末にも書いたんですけど、それとは別視点でいきます。

気になる人は読んでね。

驚愕!2017年の美容業界動向をサッカー界と比較したらすべてが解決した!

 

 

働き方改革の波。

【速報】あのドナルド・トランプがロボットに!

近年の働き方改革は勢いを増すばかりです。

首相だって、金曜は早めに仕事終わって消費に回ってね。って通達を出すくらいです。

記憶に新しい電通過労死の問題に続き、ロイヤルホストが深夜営業を辞め、さらに定休日を検討中だったりと、変化してます。

 

日本企業は海外に比べて『長時間勤務なのに生産性は低い』って言われてることくらい誰もが知ってる。

そんで、フィンランドで1月1日から試験導入されたベーシックインカムが議論されてきてます。

 

ベーシックインカム

国民一人が一律に必要最低限の金額を国から支給される。

要は、ロボットが仕事をするようになってきた時に、失業者保護の社会的セフティーネットとしても注目されてます。他にも沢山理由はあるけど。知りたい人はググってね。

 

 

『仕事の生産性を高める→長時間労働至上主義からの離脱。』

 

これ、今の世界的なトレンドですね。

オーストラリアに実際住んでみると、24時間のお店なんてほとんどないって事に気付きます。パースなんかは週末の夕方5時以降は街が真っ暗。笑

欧州でもドイツは土曜日から日曜日は法律で店がやってないのでショッピングも外食もできません。

ちなみに週休2日制って車のフォード社が始めた事ですよ。完全に固定概念。 

 

でも、美容業界の

 

『長時間練習はあたりまえ!』

『24時間美容師のことを考えろ!』

 

的な風潮は消えることがありません。

なぜか?

一言で要約できます。

 

 

アスリート系美容師だから。

Jump the hurdle

 

そう、美容師がアスリート化してるからだと考えれば辻褄が合う。

寝る間も惜しんで練習するし、頭の中は毎日の試合の事ばかり。

体調管理からモチベーション管理まで、実際のパフォーマンスから数字の管理まで。

それを、忙しいから嫌だとかって絶対言わない。だって上手くなりたいし、試合に勝ちたいから。普段の営業に加えて撮影して雑誌やヘアショーや外部仕事も任されてみたいって思う訳です。

 

価値観の変化。

 

だけども、前途の

 

『働き方改革だー!』
『ライフワークバランスだー!』

って考えがネットの普及により、なんとなくスマホ弄ってるだけで、みんなが情報浴びちゃう訳です。

加えて、ミニマリストの風潮やテクノロジーの進化による物欲の低下(テレビ要らないとか、車要らないとか。)がある訳で、

 

 

高度成長期の『ガンガン稼いで物買いまくろうぜ!』の拝金主義から、最低限働いて時間をリッチに使いたいって思考の人が増えて来てる。

別に高知に移住しなくていいけど、まだ、東京で消耗しているの?って事ですよ。

 

 

炎上恐れず言えば、

『ガンガン稼いで、高級車乗って、高級時計買って、家賃高い家住む。』

先輩みたいになりたい!って気持ちが後輩の頑張るモチベーションになる。という時代が終わった。

って事です。

 

僕も先輩から言われたことあるよ。『俺みたいに稼げるようになろうぜ!』って。

 

 

今はもう時代遅れ。

 

朝からヨガして、仕事終わってから妻に料理を振る舞い、子供と遊ぶ、休みの日は家族で釣り。

って方が、『価値』を感じ『理想』になってきた。

 

もしミニマリストで、家族思いの美容師が居たら、今の労働環境じゃ成り立たない。



 

〝脳゛力次第でインフルエンサーになれるから。

influencer

美容師といえば撮影。

自分の作品が雑誌に載ったり、することで自分の作品を世に知らせることができます。

 

創造を形にするクリエイティブ。

 

でも、雑誌やTVの他にもInstagramやブログ、youtubeなどなど、自分の能力を世に発信する事は用意になりました。

中にはインフルエンサーになって、かなりの影響力を持つ美容師もいますね。

メディア媒体を頼らず、世の中に自分発信できるようになったのです。

 

世に作品を出す事はある種『承認欲求』ってもあると思います。その点はSNSでファン層を作れば満たされる。しかも目に見えて反応が得れるので成長も可視化される。

マズローの五段階欲求のトップ『自己実現欲求』もインフルエンサーになれれば、いろいろな仕掛けができます。

フリーランスはもう知ってるよね?

美容室において、ライフワークバランスなんて語るなっ!

なんて声が聞こえて来そうですよね。職人の世界で現実的じゃない!と。

だから、時間を求めて、フリーランスや業務委託での美容師が増えてる訳だけど、

『違いくらい分かってるよ!』ってなりそうだから割愛。

分かんない人はこれ見て勉強してください。

 

次は直接雇用で自由な働きかた。

 

ばな
言わせてもらうわ。

これから増えるべきなのは、直接雇用の関係でありがら年間休日140日以上、週休3日を目標に掲げる北原さん率いるDears さんみたいなサロンです。

店長もなし、朝礼もなし、それでも永続可能なシステム、子供がいても働きやすい営業時間。顧客満足、やりがい等にフォーカスしている美容室って事です。

週休3日で給料はそのままっていうのは、もっと本質的に美容師をしたいという訴えに応えた、素晴らしい利益構造だと思います。

 

予言しときます。みんなが一斉にフリーランスに、走った後に起こるのはフリーランスの組織化です。

 

一人で永続的にやってくのは孤独なので、同じお店に勤務しながらも働き方自体は自由ってお店が増えてくるはず。

 

フリー最高!!

雇われからの解放!!

って最初は言ったって、人は一人じゃ生きて行けない。

 

ライザップがなんで結果出せてるか分かるか?

英語勉強するのに安いテキスト買わずに、大金叩いて留学行くか分かるか?

書店で似たような自己啓発書が平積みされてるか分かるか??

 

自分のマネジメントを自分で出来る人なんてごく稀って事。

 

それでも自分にフリーが合ってると思いますか??

実は純粋にプレイヤーでいたい人多いでしょ?

安易に流行りに乗らずに、もう一度将来考え直してみませんか?

 

 

木村直人さんも言っております。

 

 

発信力の重要性は諸刃の剣。

Martial arts school

発信という単語を何度も使ってきましたが、美容師(に限らず)世の人一人一人が発信力を持つ事は、脅威にすらなります。

事実、過去に働いていたお店のスタッフがオーナーに殴られてあばらが折れるという事件や、店販商品の強制自腹購入、スタッフ間の金銭トラブル、、

と、まぁ。

世に出れば少しマズイ事も目の前で見てきました。

 

 

飲食業界ではアルバイターが冷蔵庫の中で遊んで炎上した事もありましたが、気をつけたいのは従業員のモラルです。

そして、社会的にグレーなことをしている美容室は内部告発によって叩かれる可能性が昔より高い。

  • 法人美容室の社会保険未加入。
  • ノルマ達成できなかっらビラ配り。
  • モデル連れてこれなかったら終電まで永遠に掃除。
  • 明らかなサービス残業などなど。

僕がブラックな部分を告発するぜ!とか、そんなんじゃなくてww

美容室に限ったことじゃなくって、一人一人が発信力を持つ時代は、コンプライアンスの規則などにも配慮が必要ですよね。

 

あ、社会保険は全従業員の保険料を二年間さかのぼって徴収される可能性がある。

ので辞めた美容室潰したい人は理論武装してどうぞご自由に。

 

 

退社の行動力が強い美容師って?

仕事机。

転職、独立、フリランス化に動き安い美容師のペルソナを個人的に考えると

 

『25歳以下で手取り20万以下のスタイリスト。』

 

です。

年齢的に勢いで行動しやすい上に、現在月収20万程度なら、仮に美容師以外に転職しても稼ぎが悪くなる事はない。

20万以下の給料ってことは指名もそんなに居ないので、住む場所からまるごと変えてもそこまで惜しくない。


 

失うものが何もないってのは強みですよね。

 

その他、美容師ブログに興味がある人にオススメはこちら。

まだアメブロなの?美容師がブログで集客するならワードプレスが絶対オススメな理由。

美容師のブログ運営のコンサルティングをした話。

他の記事やSNSフォローもよろしく!

Instagramでヘアスタイル発信中
高円寺のフリーランス美容師です。

マンツーマンスタイルで、しっかり時間を使った【あなただけの美容師】になる活動をしています。 美容室が苦手な人に来てもらいたい!

ABOUTこの記事をかいた人

ばな

[1986生まれ 大阪出身]

フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動

自分の経験を元にブログメディアを運営してます。

twitter
Instagram