Melbourneで美容師の面接を受けてきたよ!!

The following two tabs change content below.
ばな

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram

ローカルの美容室にトライアルに行った話。

俺やで、バナやで。

オーストラリアの美容室のトライアルに行ってきました。

これまでの経歴

 

シドニーで半年(フルタイムでは3ヶ月)

パースで半年(本当は6ヶ月と2週間←2週間法律オーバー)

美容室で働いてきた僕。

次なる土地はメルボルンです。

逆・美容室ジプシーですねww

ちなみに『美容室 ジプシー』で検索すると1ページ目に僕の記事が出ますwwww

美容師が話したがらない、美容室ジプシーがなくならない本当の理由。

 

遡ること数ヶ月前inパース

 

 

僕がまだパースで働いてる時のことです。営業後のカット講習でメルボルンからジェイミーって人がやってきました。

僕は『メルボルンに今度行こうと思うんだよねー』って軽く挨拶。

もちろんその時点で予定は未定。

 

本当にメルボルンきたぞ

 

さて、メルボルンに着いたものの、僕はジェイミーがどこで働いてるか知りません。連絡先も知りません。

なので、

パースの元同僚のInstagramを見る

タグ付けでジェイミー特定

ハッシュタグでお店特定。

 

SNS万歳!!

あとは働いてる所にタイミング見計らってGO!!

 

 

ひっさしぶりだぜメーン!!

 

 

緊張して1時間以上店の前をウロウロしてたのを微塵も感じさせない、オーストラリアン英語キメてきました。

 

当たり前だけど、レジュメ(履歴書)は持参です。

 

『働き先探してるんだけどなかなか見つからないんだよー』

「おっ、まじかー、レジュメ持ってきなよーウチは今募集してないけど4店舗あるから・・・」

『オッケー、今レジュメ持ってるかはデスクに置いとくね!!!』

 

 

会いにきたのか、媚を売りにきたのか分かりませんが、知ったこっちゃございません。

 

次の日に別店舗攻めてみた。

 

ウォーキングがてら2時間歩いて、昨日行ったお店の別店舗へ行きます。

 

『昨日、ジェイミーに履歴書渡したんだけど、あの店舗は募集してないって言われたから、この店来たんだー』

 

と、言って履歴書渡しときました。

オーストラリア人はのんびりしてるから、しつこいくらいが丁度良い。

 

で、後日電話がかかってきて。

 

面接してトライアルをする事になりました。

2時間歩いた方の店舗です。歩いたかいがあった。

 

トライアル直前は、緊張しすぎて吐きそうに。

 

そして気づいた時には、駅で、

『How do I get girl friend~?♫』

という、謎の歌詞の曲を口ずさんでました。

 

誰かに聞き取られてたら、超絶恥ずかしいです。南無。

 

 

お店のホームページはこんな感じ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-1-03-13 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-1-03-27 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-1-04-03

 

ヘアドレッシングアワードのファイナリストだってのをこれでもかってくらいにアピールしてます。

ちなみに事前の面接で聞かれた事は、

●作品撮りしたことある?
●いつまでオーストラリアにいるの?
●カット何分で出来る?
●ホイルできる?
●メンズカットとレディースカットどっちが得意?
●ブローできる?

くらいかな??

僕の答えは

●一枚しかない。(インスタ見せる)
●来年の4月
●45分
●できるけど、パースでは指名客にしかしてなかった。
●どっちも。
●できるよ、ツイストもボリュームもオッケーだよ。

でした。

 

いざ、トライアルへ!

 

内容としては、まずスタッフのブローをしてから、Bossのお客さんをブロー仕上げ。
10歳の子供のカット。

って感じかな。

同僚からは

 

『あなたの(英語の)アクセントはクールね!』←いい意味じゃないww

『オーストラリア来る前に英語の勉強したの?』←たぶんいい意味じゃないwww

 

なんて言われながら come back ネイティヴ英語環境。

 

シャンプー台が慣れなくて、子供の背中ビショビショにしましたよ。へへへ。

 

結果は!!!

 

結果は、、、

 

 

無事、仕事きまっっったぁぁあ!!!!!

 

 

と、言うことで仕事ゲットです!

 

まぁでも、給料聞いてませんww

 

そんで、いつクビになるかはわかりません。←ローカルだからね。

 

今後なんてまだまだ不安定ですが、ひとまずメルボルンに少しは滞在出来そうです。

 

みんな髪切りに来ればいいと思うよ。

男性65ドル女性90ドルくらいですかね。

安くなりません。

次は家探しやーーー

 

美容師さんでこれからブログを初めたい人はコチラの記事がオススメ!

美容師ブログ集客の始め方!ワードプレスが絶対オススメな理由と導入方法まとめ。

2016.10.23

送料無料!ダンボールで送るだけで簡単買取り!

ABOUTこの記事をかいた人

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram