メルボルンで日本のケーキと日本のカレーと食べるなら、DEKOBOKOに行けば良いよ。




俺やで、バナやで。

オーストラリアで日本クオリティーのケーキが食べたい!!

時は2016年クリスマス。場所は南半球はオーストラリアのメルボルンです。

クリスマス当日の気温は36度。

脳みそ溶けておかしくなっちゃいました。動画でどうぞ。インスタフォローしてくれると泣いて喜ぶ。


 

クリスマスはメルボルンにいてもケーキっしょ。

って事で、気を取り直して参りましょう。前日オーストラリアのパティシエインタビューしたMahoさんが働いてる、日本カフェDEKOBOKOへ。

オーストラリアではありがちな外観のお店だけど、中は奥が広くてオシャレ。

 

店長さんは爽やかなイケメン。

 

 

スポンサードサイト

やさいたっぷりカレー

メニューはメルボルンでは安いくらいの安心価格。カレーにサラダがついて15ドルです。

和食もいくつかあったけど、『おすすめはカレーです。』って言われたから僕の脳内はカレー屋という認識。

 

言われるがままにカツカレーがで出てきました。

え?米こんだけ??

ってはじめは思ったけど、野菜がゴロゴロ入りすぎてお腹が膨れるので、

 

ばな
完全に満腹になりました。

カレーとは、我が家のように米でカサ増しするのがカレーだと思ってたけど、どうやら違うシステムみたいです。

 

野菜サービスしてくれたのかなぁ?って思って聞いてみたけどこれが通常らしいです。栄養重視。

友達が頼んだのはアジフライカレー。

辛いの好きな人は辛さがある選べるので、迷わず1番辛くしましょう。辛過ぎ。注意。

カレーのあとはお待ちかねのケーキ

 

クリスマスディナーの締めはケーキでしょ。抹茶を使ったドリンクもあったけど、大人の事情で割愛。(予算の関係)

大人に柚子とマンゴーのオシャレなをケーキ7ドルで。

さて、このケーキは友達のパティシエさんが作っております。インタビュー記事はこちら。

オーストラリアワーホリでパティシエ兼バリスタ?!それって実際どうなのさ?取材してみた結果。

2016.12.27

 

オーストラリアのケーキは大体が砂糖多めで甘々なので、さっぱりした柚子が優しくカレーで火照った舌を癒してくれます。優しい。ケーキに対して皿でかい。

あまりに美味しかったのでアールグレイのケーキとカボスのケーキもお持ち帰り。

 

カボスが何なのか知らなかったけど、美味しかった。スポンジとクリームとフルーツの質(つまり全部。)がオーストラリアのケーキ屋とは比べ物のならないくらい美味い。

 

毎日のヌテラよりも、特別な日のケーキ。です。

みんなヌテラとティムタムはさっさと捨てて、ケーキ食べに来た方が幸せですよ。

場所とか。

総じて大満足でした。

Googleマップ貼っとくので行ってみて下さい。

 

ばな
『バナのブログ見ました!』

って店長さんに言ったら、良い事が起きます。僕に。

 

あ、中途半端な夕方に来たらカフェメニューしか無いから気をつけてください。あと、ケーキは売り切りでその日の補充は無いそうです。グーグルの評価は4.7で高得点!!

以上、Melbourneでケーキとカレー食べたいときに行けばいいお店紹介でした。

 

他のワーキングホリデー記事はコチラ

 

絶対に勉強してから海外行くべき!!マジで!!

体験談を交えて、「僕ならこうする」を完全紹介!

最安0円で海外へ。格安で英語が話せるようになる具体的なプラン。

 

ワーホリ帰国後の再就職はワーホリ中に決めろ!!


ワーホリ中に就職活動をLINEでしちゃおう!!












ABOUTこの記事をかいた人

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram