ワーホリ実録!メルボルンのシェアハウスはこんなトコ!!

The following two tabs change content below.
ばな

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram

俺やで、バナやで。

今日はメルボルンでシェアハウスに引っ越しです。

 

メルボルンに来て、最初の1週間は友達の家に居候(空き部屋)

友達の友達が経営するシェアハウスでで2週間。(7帖くらいに5人住み・トータル7人生活・バスルーム1つのみ・150ドル/week)

最初の友達の家に出戻り居候で1週間。(空き部屋)


3人暮らしの一軒家(オウンルーム・650ドル/月)

となり無事に自分の家ゲットです!!

メルボルンcityまでは50分

 

そう、わりとシティから離れてるのでこのお値段。もう少し近いと185/w とか 170/w でなかなか手が出せないんですよね。

引っ越し先は650/M なんで週にすると150ドルです。

 

シェアハウスって言っても普通の家

Houses

 

ハウスオーナーと同居のタイプです。オーナーはきれい好きのコロンビア人で職業は警察官。

なので家の中の治安は最高。さすがに盗めないからねw

 

お掃除当番は週単位で決まってるのでめっちゃ綺麗です。

14947791_1118656601563648_4231056936618718758_n 14963154_1118656481563660_4024390785774749931_n 14963371_1118656521563656_8963678954198929389_n

 

庭は日当たり良くてゴロゴロできそーーう!

14937463_1118656558230319_8767920007779017471_n

 

もちろん家賃にはWi-Fiも部屋の家具も込みでござます。

14925441_1118658264896815_7480325010175751038_n

 

部屋はこんな。

でもここで悲劇。部屋のドアを閉めても自動で半開きになる。

 

完全に閉まらないから戻ってくるみたいww

 

んーーーーまいった。

仕方ないので、重ためのブーツを入り口に置いて万事解決させました!!

 

 

さてこれからオーストラリア生活は残り5ヶ月!

食材もがっつり100ドル分買って気合い充分なので自炊男子目指しましょう!

 

ちなみに居候中は、煮魚、トンカツ、すき焼き、豪華絢爛な食事を作って女子力高めたからやってけるはず。

でも、問題は食べてくれる人がいないと頑張れないって所なんだよね。誰か食べに来てw

 

さー、今日はカレーでも作ろうかなぁ。

ワーホリの部屋探しの方法は過去記事からどーぞ★

オーストラリアワーホリに来た人がGumtreeで家を探す方法。

>>ワーホリ記事カテゴリーへ戻る

あなたがもし、留学等に興味がある方はこちらから別記事へどうぞ。

フィジー語学留学のあとオーストラリアワーホリ2年で英語力は伸びたのか?

ワーホリの残りのVISA期限が近づくにつれ

ばな
「帰国後何しよう。。。」

って不安にかられる時ないですか?!

現在日本で美容師をしているのですが、お客様の紹介で帰国後の就職に関してサポート出来るようになりました!

複数のエージェントとの橋渡しなので、様々な職業に対応でき、完全無料になります。

詳しくは「バナの紹介で優先的に対応!「帰国キャリアドッコム」でワーホリ滞在中に日本に帰国後の就職先を見つけよう!

を御覧ください!!

ABOUTこの記事をかいた人

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram