エージェントのトラトラってぶっちゃけ良いの?ワーホリ渡航前のスマホ準備。

The following two tabs change content below.
ばな

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram


今日は久々の更新。書きたいことは沢山あるんだけど、ちょっとびっくりした話。

トラトラってエージェントの話

14063922_1045661235529852_7886141375429345070_n

 

 

普段通り、スマホでニュース読んでだらアド広告に『留学ならトラトラのスマホ!』みたいなのが出できました。

あ、噂のやつだーと思って見てみたら料金におったまげたのです。

日本からスマホを注文してシドニーで取りに行けて、設定やおまけにワーホリ情報もゲットできる!って至れり尽くせりな、トラトラですが。。

スマホに関して言えば、確かに3GB39ドル、7GB49ドルと他のオプタスとかボーダフォンをプリペイドで使うよりは容量に換算すると安いのです。

(僕はオプタスで1G月30ドルのプリペイドで足りてますが。)

機種はレンタルや買取りなど選べるらしく、まぁ『安く』費用を抑える事ができるみたいです。

でもまぁ、手数料の高い事、高い事wwww

14088525_1045661232196519_7628314804932175199_n

 

○シムカードの再発行に50ドル
○プラン変更に50ドル

高い。。。

そして驚愕がこちら

データ超過が1MB当たり0.1ドル

14102619_1045661228863186_6271527495327048043_n

 

メガですよ?

1GBに直すと1000MB=100ドルです。

注意事項に『パケット超過に注意して使用しましょう』

って、すげぇな。。。ソワソワするよwww

 

 

オーストラリアではシムフリーのスマホさえあれば、1GB30ドル、2GB45ドルなどなどのプランで1ヶ月使えます。(オプタスの場合)

リチャージはネットで出来る(パケット使い切っても繋がる)し、毎回金額も選べます。もちろんプラン変更のお金なんて掛かりません。

当たり前だけどプリペイドなので解約料や契約解除の手続きなんて無し。

トラトラは通話○分無料プランを謳ってますが、プリペイドのプランでも十分過ぎる量の無料通話が付いてきます。

それでもトラトラで契約したい方は3GBか7GBを選ぶ事になるんだけど、『データ超過怖いし、日本で7GB使ってたから…7GBかな!』ってしちゃいそうですよね。

だけど、実際使ってみると家では必ずWi-Fiあるのでよっぽどでない限り3GBでも充分過ぎます。

むしろ1GBでも足りるし、たまにボーナスでプラス2GB貰えたりするので余裕なんですよ。

 

あとデカデカと国内SMS無料!なんて書いてるけど、オーストラリアではどの会社も無料ですよ。誇大広告じゃないの???

ねぇ、見てるんでしょ?担当者さん?

 

シムカードの再発行は無料、手数料もなし!

トラトラさんは50ドルかかりますが、通常オーストラリアではシムカードの再発行は無料です。ちなみに初回も無料です。

僕は一度スマホ無くして、シムカードの再発行したけど、番号も残りのデータさえもそのまま復活しました。

アンドロイドからiPhoneに乗り換えた時も、シムのサイズ違うから新しいのちょーだい!って言いに行ったら1分で新しいのくれました。もちろん番号もデータもそのまま引き継ぎ。

スマホの初期設定なんかは店員さんがやってくれます。そんくらいは英語わかんなくてもジェスチャーでOKだろうけど、ぶっちゃけシドニーの店舗だと日本語話せる人もいましたよww

じゃースマホは何買えばいいの?

まぁ、まず大前提に出国前ならキャリアショップに行ってシムフリーに出来るか聞いて下さい。

それでも、アンロックできない人や画面バキバキで使いもんにならないスマホ使ってる人は新しいのを用意する必要がありますね。

普通のサイトなら格安スマホはこちら!なんてリンク飛ばすんでしょうけど、このサイトは違います。

 

友達から古いスマホもらってください。

誰かの家の隅っこに使ってないアンドロイドスマホなんかが眠ってるはずなんですよ、きっと。

iPhoneなら音楽聴けるしなんとなくで保管されがちだけど、アンドロイドは外部メモリーだから譲ってくれやすいです。

Facebookで呼びかけるなり、最近機種変した友達にメッセするなりして調達しましょう。

手に入ったらケータイショップでシムフリーにして、新しいバッテリーに交換すれば完璧です。

どーしても買わないといけない時は。

 

買う場合は中古ショップで最低限のスペックのスマホを格安で購入するのがオススメ。

ここで言う最低限のスペックってのは4G対応でテザリング機能付き、できれば1GB以上のRAMの機種です。

結局、テザリングしながら日本のスマホと2台持ちする事になるので、4G対応とテザリング機能付きはマストです。

 

海外でラインはどーする?

 

一応書いとくと、オーストラリアでLINEのアカウント持ってる人なんて少数です。

Facebookのメッセンジャーが、メインになると思うのでLINEのアカウント2つになるのなんて関係ないです。消去しても良いくらい使わない。

 

iPhoneよりアンドロイド

旅先では盗難で最悪のケースはパソコンとスマホの同時盗難ですが、

アンドロイドのスマホだとグーグルアカウントさえ覚えてれば最低限のバックアップは不要です。

日本でiPhone使ってたとしてもアンドロイドに乗り換えるメリットは多いですよ。

 

と、言うことでいろいろ調べながら渡航の準備頑張って下さい。

 

 

オーストラリアに興味がある人は、シドニーで生活した時の記事も人気ですよん。

留学考えてる人はフィジーよりもフィリピン留学のススメもどーぞ。


ABOUTこの記事をかいた人

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram