エージェントが絶対教えないオーストラリアワーホリの準備に必要なモノ。

The following two tabs change content below.
ばな

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram

今回はオーストラリアにワーキングホリデーVISAで滞在中の『ばな』さんにお話を伺いたいと思います。 気軽に海外長期滞在できるワーホリ。実際どーなの?って所をインタビューしていきます! 今回は準備編です!

【今は海外生活1年になりますが、半年の時に書いたこちらの記事も参考にして下さい!!】

 

ワーホリに必要なものが分からない!

 

ーそれでは、よろしくお願いします。まず、ワーホリに必要なのってなんですか?

よろしくお願いします。 必要なのwまず範囲が広すぎますねw でも、実際Facebookのワーホリコミュに入ってると『Google先生』の方が早いし詳しいよ?って質問多いんですよねー。需要はあるのかもしれないけど。

ーほぉ、例えばどんな質問ですか?

1番目にするのは携帯電話やパソコンについて、んでから学校のオススメや、〇〇って街はどんな感じですか?ってのがある。すこし具体的じゃないんですよね。

ー確かに、でも携帯電話なんかは1番機にする所じゃないですかね?バナさんはどーしてるんです?

日本のiPhone5cとオーストラリアで買ったシムフリーのスマホ、二台持ちです。基本的にはテザリングかWiFiで使うのでiPhoneばかり使ってます。ちなみにipadかなり便利です。

ーオーストラリアのシムフリー機種代は安いんですか?

僕は4G使える中で1番安い機種で200ドルですけど、RAMが少なくて動きが遅く、単体では使い物になりません。使い勝手で選ぶなら日本で中古のギャラクシー3以降を買ってきた方がいいかもですねー。 あ、そうだ日本だとLINEって必須じゃないですか?でもオーストラリアきてからほとんど使ってないです! 理由は二台持ちなので2つアカウントがあって使い分けが面倒な事、海外だとカカオトークやwhats up のシェアも多くてLINEがメジャーじゃないんです。

ーじゃあ何使ってるんです??

Facebookのメッセンジャーが9割以上です。

アカウント持ってない人はほとんどいないし、 相手の人物像も入ってきて共通の話題が、見つかりやすいです。スマホ二台持ちでも両方に通知が来るのもすごく良い。 それに『あれ?誰だったかなー?』って思ってもプロフィールや写真で思い出せるwこれ、重要ですww出会う人かなり増えるので。 さらに今年から始まったmomentって写真アプリと連動させると写真共通もすごく簡単でHDD要らずですよね。 それ以外の仕事関係はSMS。電話番号でメッセージのやり取りをしてます!

ーちなみにPCはワーホリに必要ですか?

僕は必須ですねー、ブログ書くし家とか仕事探しする時にはスマホじゃ小さいっす。あと、履歴書書いたりヘアカットのチラシも作成したりするので!!履歴書は何度も作り変えますしね。 機種に関しては、知りません。餅は餅屋、電気屋行きましょうw今後も使いたいのか最低限でいいのかによっても違いますし。「海外行くのにパソコンって必要?iPad mini4買って思った事。」

ーネットカフェなんかあるんですか?

場所によると思いますけど、それより住所あれば図書館のカード作れるのでその方がDVDも借りれるしパソコンもWiFiも利用可能だし便利ですよ。

ーなるほど、バナさんはシドニーに最初住んでたんですよね?最初はバッパーですか?

いや、最初からシェアハウスですね。Facebookでシドニー行くよ!ってポストしたら一回会っただけの女の子からメール貰って『場所決まってないならうちに住む?』って。

ー最高のシチュエーションですね!どんな所だったんですか?

いや、普通に友達ですwその子、台湾人だったんですけど8人住んでて、僕以外台湾人でしたww

ー英語環境、ではないですね?笑

そうですね、その子も日本語話せたし他はマンダリンだし。週のレントは140とかでした。

関連「ワーホリ実録!メルボルンのシェアハウスはこんなトコ!!
2017年税率・最低賃金上昇!ワーホリで実際シドニーに住んで感じたこと。ワーホリ入門編」

 

ーと、いうことは85円計算で1ヶ月4万5000円くらいですね。東京都心の4人部屋シェアハウスより割高ってくらいですね。

僕は日本でもシェアハウスでしたけど、海外ではもっとシェアハウスは一般的なイメージです。

リビングシェアってのもあって、リビングに仕切り作ってそこに人が住んでたりするんですよ。

これがまた悲惨でw場所によってはブルーシートだから室内ホームレスみたいなwww あ、法律的に部屋数×2人までしか住めないのでそれ以上住んでるのは脱法ハウスです。かなり多いですよ。 管理人に見つかって複製キー使えなくなったりって場所もよく聞きます。

関連「最低賃金が1500円のオーストラリアワーホリで実は違法賃金で働かされるカラクリ

 

ーよく英語環境の部屋希望する日本人を聞きますけど、どうすれば見つかりますか?

運もありますよw入居時に英語環境でも入れ替わりもあるし。でもまず言えるのは日本語サイトで探さずにGumtree に代表される英語サイトで探す事。僕はその後、ブラジル、韓国、カナダ、UKって感じの国籍のシェアハウスに住んでました。

関連「【体験談】英語が全くできないのに、語学留学ナシでワーホリは厳しいの??

 

ーみんなバラバラですね!仕事はどうでしたか?英語環境?

シドニーでは美容師を掛け持ちで働いてましたけど、お客さんはオージーメイン、スタッフはマレーシア、コリアン、レバノン、ギリシャ、オーストラリア、ですね! 美容師でも職が見つからずに日系サロンで働く人も多いですけどそうするとスタッフは日本人、お客さんは日本人含むアジア人って感じになりますね。実際3週間働いた時はそうでした。 あと、ね、あなた英語環境って何度も聞きますけど、そのへんも少し違和感感じるんですよね、、、。ワーホリってやっぱりホリデーであって『留学』とは違うと思います。

ーた、たしかに英語環境?とばかり質問してました、すみません。

いや、間違ってはないんですよ。実際英語話す機会を求めてましたし目的のひとつです。だけど『ホリデー』を『留学』と呼べるまで内容を昇華させるのは並大抵ではない。だからエージェントが『留学』って言葉を使うのに抵抗あるし信頼できません。僕はですけど。 少なくとも欧米人は留学って意識は微塵もなくてtripって単語で良く表現しますね。

ーエージェントも利益を生んでるって事ですもんね。。話戻しまして、働いてる時のお給料面での違いはありますか?

確実に現地のサロンの方が良いです。日系サロンは1ヶ月の給料が2000ドルから。売り上げに応じて歩合つきますけどまぁ日本の美容室と同じくらいのバック率です。営業時間も長いので時給換算で10ドル前後。85円の相場であっても換金レートが悪ければ、時給800円レベルです。 もちろん、税金も払ってないキャシッュジョブ。簡単に言えば『違法労働』です。

ーおおお、なんか色々出てきますね。現地サロンはどうでした?

現地サロンは1日9時間拘束で150ドル固定です。キャシッュジョブでしたが、時給で考えるとギリギリ最低賃金かな?ってレベルでした。ちなみに顔剃りが出来る理容師なんかは時給23ドルとかでオファー来ますね。バーバーブームなので英語話せれば割とすぐ仕事見つかると思います。

ー特殊スキルがない人はどんな仕事をしてますか?

そうですねー、ジャパレスってのが多いです。これも例に漏れず最低賃金を下回ってる違法ジョブ。もはや観光VISAで働いてもバレないレベルです。半年滞在してましたが、最低賃金以上の日系レストランは『ラーメンの一風堂』しか知りませんww

ー違法賃金で日本人と働いて、シェアハウスも日本人だったら日本と変わらないですね。。

日本よりキツイと思いますよ。自分の部屋ないし。オウンルームだと週に180ドルくらいはします。1ヶ月720ドル。しかもこれから違法賃金ってのは増えてくると思います。

ーどうしてそう思うのですか?

正しい賃金体制だと給料の30%程を税金(日本の所得税みたいなもの)で納めないといけません。

今までは全額返還されてたんですが、2016年6月末以降、法改正で ワーホリVISAの人も居住者とみなされ、その返還が受けれません。俗に言うワーホリ税ってやつですね。

って事は、18ドルから税金引かれて13ドルで働くのと、違法賃金で13ドルで働くのが労働者の給料面で変わらなくなります。(州によって最低賃金は違うし、税率も上下します) でも、経営者は違法賃金で雇ったほうが経費を抑えることができます。 労働者側にも勤務中の怪我が保証されないなどの不利益実はあるのです。通常、税金を納めている仕事だと全額保証。日本にあたる労災です。

そもそも英語不完全なアジア人が正規賃金以上で労働してる場所は少ないですよ、特に大都市では。今後現状がどうなるかは7月以降にならないとわかりません。

2017年以降の15%のワーホリ税は可決されました!

「最低賃金が1500円のオーストラリアワーホリで実は違法賃金で働かされるカラクリ。」

 

 

ーなるほど、これから渡豪予定の人はよく考えないとですね。。

そうですね。ワーホリVISAって本当に労働者の中では最下層です。

正規には半年しか同じ会社で働けないので、使い回しだったり重要なポジションには付けません。 ビジネスサポート(2年以上)からの永住権申請までを考えてる人も、VISAの為に理不尽な労働環境にさらされる可能性も多々あります

 

 

ー簡単には移住できないんですね。。

いや、美容師は指定された職業に入ってないですけど整体師とかシェフとか沢山の職業が指定されてるので一度一覧を見て自分のキャリアと相談してみるといいと思います。あとは結婚するとかw まぁ、こちらもVISA申請などで5000ドル近くお金かかりますけどね。

ーお金、かかりますねw

ま、それも国の財源ですからwww

ー次回は英語や実際の生活について、(セルフ)インタビューしていきます!乞うご期待!(反響なかったらやりませんwwシェアしてくれたらやりますw)

 

●ワーホリ行くなら、渡航前に第三国で語学留学に行くのが完全にオススメです。「口コミ体験談!フィジー語学留学はマンツーマンではない?マンツーマン留学ならフィリピンの方がオススメ!」行かないのと行くのでは、英語上達の時間も違うし、ワーホリ中に得れる仕事も違います!

 

ABOUTこの記事をかいた人

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram