美容師の仕事効率化はエプロンで決まる。




へへへ。

アイキャッチの画像でも、分かると思うのですが、エプロン買いました。

今日からエプロン美容師です。

へへへ。←嬉しい。

では、お気に入りのエプロンのご紹介です。

エプロン By ASAKUSABASHI Hi-condition


浅草橋にある、Gallery and Studio Hi-condition さんの作品です。

扱うアイテムは、帆布で出来た鞄や小物×シルクスクリーン×革小物×ステンシルという、一言では言い表せないのですが、とりあえずカッコイイです。

4月1日までは、BUNGU&TABLE店というポップアップストアを開催中です。

とりあえずインフォメーションはインスタグラムをフォローしましょう。

スポンサードサイト

こだわりがいい感じにカッコイイ。

浅草橋の橋をモチーフにしたステッチ。

白いミミは国産のセルビッチデニムの証しです。

セルビッチデニムの特徴は白いミミでいわゆる『ほつれない為の加工』が施されているということです。

その他にも

  • 旧式の織り機で時間がかかる。
  • なのに記事巾が狭い

という特徴があり、国産セルビッチデニムは普通のデニムよりも数倍の時間をかけて生地を仕上げています。

ぺんぎんさん
他のデニムと何が違うの?
って事ですが、他のデニムとの違いは触ると分かる風合いと独特の色落ちです。

ポッケ部分にヒゲがつきやすいように横に縫われてますが、ボディ部分は実は縦縫い。

使い込むほどに独特の雰囲気になるはずです!!

エプロンの裏もカッコイイ。

これ、エプロンの裏です!

浅草橋のワッペン、そしてポッケ部分の裏には金具をつけてるのですが、コレも国産。デザインが可愛い。

ぺんぎんさん
この金具はポッケの強度アップにもなるのだ!
そして、紐の後ろにはアクセントで赤の帆布。主張しない作りがカッコイイです。

エプロンめっちゃ使いやすい!!

エプロンは薬剤から服を守ったりする以外にもポッケの使い勝手の良さが魅力。

一度使ったら便利過ぎました。

特にアイロンワークの時にポッケにシュッと、入れてサッと出す事が出来るので作業がめちゃめちゃ早くなる。

胸ポッケにダッカールも挟めるので、そりゃぁもう、シュッと。サッと。

濃い色のデニムで汚れが目立ちにくいのも良いですね。まぁ、美容師汚れるのは仕方ないので、汚れにビビらずガンガン使いましょう。

ばな
モノを大切にするのは大事だけど、必要以上に神経質になるほど高価なモノは身の丈に合ってない証拠です!!一瞬でボロボロになる程の予約お待ちしております!!
ぺんぎんさん
いや、そこは丁寧に扱えよw
にわとりくん
仕事が汚い奴は下手くそだぞ!
Hi-condition代表 長田さんのインスタグラム












ABOUTこの記事をかいた人

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram