パーマで【肩に当たってまとまらない】や【仕事後の髪の結び後が気になる】を解決しよう!

The following two tabs change content below.
ばな

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram

本日の髪のお悩みは!

本日のお客様のビフォーはこちら。

まずは、お悩みのヒアリングです。

お客様
髪の裾のラインがまっすぐで気に入らないの。

なるほど、かしこまりました!他にはありますか?!

仕事柄結ぶので、結び跡が気になる。

お客様
仕事柄髪を結ぶので、仕事終わりに髪を解いたときの結び跡が気になるのです。
ぺんぎんさん
あるあるよねー!私も魚獲った後に濡れるのが嫌なの。
ばな
ふむふむ(ペンギンうるさい)!髪の長さは今後どうしていきたいですか?
お客様
もう少し伸ばしていきたいです!

そんなお悩み解決にはパーマで対応!

ばな
ビフォーの髪の長さが扱いにくいのは結構あるあるなんですよね。

俗に言う『肩に当たってハネてしまう問題。』です。

今回の解決方法はパーマを選びました!

●毛先のまっすぐ感が気になる→パーマで柔らかく。

●伸ばしたいけどハネが気になる→動きがつくので気にならない。

●結び目が気になる→動きで緩和されます。

あと、ビフォーの状態でだいぶ軽くなってたので、カットのみでまとまる質感を出すのは難しいと判断。

シルエットはパーマで柔らかく

それではアフターです!スライドしてみてね!

乾かすだけでスタイリング剤はつけてません。

今回のお客様は、敏感肌だったのでスタイリング剤は一切使わず、ドライヤーで乾かした状態で撮影しました。

パーマ基礎知識

ぺんぎんさん
ここでパーマのお手入れと基礎知識だぬーん

濡れてる状態が1番カールが出てる

まず、これです。

パーマは濡れてる時に1番変わるがしっかりと出ます。逆にドライヤーで乾かしていくと引っ張られる事もありカールが伸びていきます

スタイリング剤をつけるとカールが戻る

パーマ用スタイリング剤とか市販でもたくさん売ってますが、カールを出すだけなら水でも同じ効果が得られます。

そもそも濡れてる時にカールが出るというのがパーマの性質だからです。

普段のスタイリング方法から逆算してパーマをかけます!

今回の場合は、

●敏感肌で髪にスタイリング剤をつけれない。

●普段はドライヤーで髪を乾かす。

という事だったので、

ばな
ドライヤーで乾かしてもパーマが残り、何もつけずにキープできるようにやや強めなパーマにしました!

仕上がり写真だけ見るとユルく見えますが、濡れてるともっとクルクルしてます

大切なパーマ後のケア

パーマの後24時間はシャンプーしないでね!って言われた事ある人も多いと思います。

あれは、パーマ後の髪は不安定な状態なので空気に触れて安定するまで待ってね!ってことなんです。

ばな
それだけ髪は敏感なんですね。

パーマで髪の扱いは良くなりますが、パーマで髪(のダメージが)が良くなるって事はありません。

なので、極力髪に負担をかけないように1剤と2剤の間でしっかり薬剤の反応をリセットしたり、仕上げ前にもアルカリに傾いた髪を普段の状態にもどす処理をしています

ばな
これでパーマの持ちも手触りも向上します!
にわとりくん
僕もふわふわのトサカになりたいな!!

スマホで見てる人は真ん中下にバナへのお問い合わせボタンを実装したので、ぜひぜひ使ってやって下さいね!!

ヘアスタイルはInstagramで更新中
他のスタイル記事はこちら

Instagramでヘアスタイル発信中
高円寺のフリーランス美容師です。

マンツーマンスタイルで、しっかり時間を使った【あなただけの美容師】になる活動をしています。 美容室が苦手な人に来てもらいたい!

ABOUTこの記事をかいた人

ばな

[1986生まれ 大阪出身]

フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動

自分の経験を元にブログメディアを運営してます。

twitter
Instagram