【検証】ワーホリで半年間で300万円稼げる。はウソかホントか??inオーストラリア




俺やで、ばなやで。

最近キャッチーなタイトルのBlogが目に止まりましたね。

 

オーストラリアのワーホリで半年間で300万円稼いだ。

 

こうゆうタイトルで書いてるのは、大抵,留学系のサイト。

これも例に漏れずですね。

 

もちろん、素敵な体験談だし語学留学があったからこそローカルの仕事につけたのは、それはそうかもしれません。

大学生で半年で300万なんて良いじゃないですか。

 

でもね、でも気になるのよw

ワーホリビザで働ける最大の半年間フルで働きました。時給はタックスジョブで23AUドル。(タックス・リターンをすれば、ジャパレスとの差額は8ドル)週5−6日、1日8−15時間働いていたので、半年で300万円は稼ぎました。ー引用

 

300万か。。。

 

大前提に為替は変わる。まぁ、2年前なら100円近くをウロウロしてた時もあるから仮に30000ドル≒300万円としよう。

30000ドルを26週で割れば週1150ドル

1150÷23=週50時間だ。

 

全然可能な数字。

 

だけど、この記事比較対象としてジャパレスの時給を出してる。

確かに時給単位では8ドルの差がある。

 

だけど半年間で30000ドルも稼げばそれなりに税金を払うことになる。

そこをすっ飛ばして8ドル差があるとかどうなのさ?

 

んでかかる税金は概算で2000ドルほど。

 

30000-2000=28000

これに2016年10月現在の為替1ドル≒80円をかけると

実際には220万円にまで下がる。

 

仮に手取り300万なんじゃないの?

ってところだが為替80円で考えると≒37000ドル

彼の渡航時期はオーストラリアの年度内に収まってるので税金の累進課税も考慮します。

すると45000ドル額面で稼いでも300万(37000ドル)にはまだ届かない。

 

このまま時給で割ると週の労働時間が72時間です。

 

休日祝日の給料UPがあればまぁ完全不可能ではないけど、かなりキツイよね。

過労死の認定がもらえるレベル。

 

まぁ、事実か盛ってるとかはどっちでも良いんですよ。ぶっちゃけ。

重要なのは年明けたら税制が変わるので仮に新税制で300万(37000ドル)を半年で稼ごうと思ったら

 

スポンサードサイト

50,000ドルは軽く超えないといけないので時給23ドルだと軽く死ぬって事。ww

 

でもパースはいいとこだと思うよ。

僕がオーストラリアのワーホリ場所にパースをガチおすすめする理由!

2016.10.18

税金の事をもっと詳しく。

『オーストラリアワーホリ年齢制限35歳に引き上げ』に隠された本当の理由を教えます。

2016.10.05

留学はこんな感じでした。

フィジー語学留学は日本人だらけ?格安留学なら絶対にフィリピンがオススメの理由。

2016.06.28
各種フォローもよろしくです☆
インスタでもブログ更新情報は流してます。

Facebook   Instagram   twitter

絶対に勉強してから海外行くべき!!マジで!!

体験談を交えて、「僕ならこうする」を完全紹介!

最安0円で海外へ。格安で英語が話せるようになる具体的なプラン。

 

ワーホリ帰国後の再就職はワーホリ中に決めろ!!


ワーホリ中に就職活動をLINEでしちゃおう!!












ABOUTこの記事をかいた人

ばな

[1986生まれ 大阪出身] フィジー留学の後、オーストラリアで2年美容師として働き2017年夏に帰国。フリーランスとしてマルチに活動 自分の経験を元にブログメディアを運営してます。 ▶twitterInstagram